MENU

闇金問題の考え方と解決方法

闇金対策

法律によれば、

闇金からの借金は利息はおろか、元金も返済する義務なし!
そう言って、あなた一人で闇金業者と交渉し、返済をチャラにできればバンバンザイなんですが・・・
残念ながら、そのやり方は犯罪者であるヤミ金業者相手では自分も含め親族への報復が心配ですから
現実的ではありません。
でも、心配無用!もっと他に、安全で確実な手段があります。

 

 

あなたの悩み、不安、恐怖や疑問がコレならお役に立てます!

債務者本人以外の、保証人でもない家族に取り立て・嫌がらせの電話がかかってくる

毎日、昼夜をとわない取り立てや嫌がらせで精神的に追い込まれている

家族や会社に知られずに秘密裏に解決したい

高金利が原因で返済するにも限界、今後どうなるのか怖い

警察に相談しても身体や家財に損害を受けていないので動いてくれない

たった1回、延滞したら嫌がらせで救急車、タクシーを呼ばれたり、勝ってに出前を注文された

弁護士や司法書士は本当に取り立てや嫌がらせを停止させることができるの?

ネットで紹介されている弁護士や司法書士は本当に信用できるの?

自己破産してもヤミ金の取り立てや嫌がらせはなくならない?

 

いずれの悩みも、胃袋をワシづかみにされるような話です。
この難題を解決するには闇金融に対する知識や経験が必須ですが、一般市民にそれがあるとは思えません。

 

そのために今すぐ解決するには、あなたの力不足を補ってくれる代理人が必要不可欠です。
代理人には安全で安心して任せられる弁護士、司法書士でなければなりません。間違っても仲介屋などの甘い口車に騙されない
ように注意しましょう。

 

弁護士、司法書士と聞くと、どうやって探すの? 費用が高くつきそう、などの心配がおきると思いますが、ご安心ください。
下記に闇金被害解決に1万件以上の実績と知識がある国内有数の弁護士・司法書士事務所をご紹介しています。
(身近に闇金専門の弁護士か司法書士がいれば、そちらにでもまず相談してみましょう)

 

ヤミ金被害の相談は、電話・メールいずれも無料です。解決を依頼すればヤミ金1件当たり4〜5万円ほどの費用ですが、それも分割、
後払いに応じてくれる事務所もあります。

 

解決するには、ノーリスクの無料相談が第1歩、今すぐチェック!

◆ 闇金(裏金融)と戦う!熱きウイズユー法務事務所の 無料相談窓口
事務所の詳細とメールでの相談はコチラから

急ぎの相談は次の電話から
TEL: 0120-389-019
メール・電話いずれも365日24時間対応です
  
◆ 闇金(裏金融)解決を30年、Duel弁護士事務所の無料相談窓口
事務所の詳細とメールでの相談はコチラから

急ぎの相談はコチラから電話で
TEL: 0120-459-026
メール・電話いずれも365日24時間対応です
 

 

闇金の魔の手に捕まえられる理由は多々ありますが、年々増加傾向にあります。

 

ヤミ金を利用するきっかけとしては、
◆ キャッシングの借入上限額に達し、消費者金融からの借入ができなかった。
◆ 多数の金融業者から借りて返済が不能になり、借入先がなくなった。
◆ 自己破産したので、どの金融会社からも融資してもらえなかった。
◆ 必要なかったが無理やり借りさせられた。
◆ 闇金とは知らずに借りた。
などなどが多いようです。

 

闇金からの借金

ヤミ金から借金したら?

本来ですと『借りたものは返す』のが一般常識です。

 

でも、闇金には、違法な高金利のために完済がありません。
という言うよりも・・・させまません!

 

ヤミ金は存在そのものが違法なので、『ヤミ金融対策法』により借りた元金も利息も支払う必要がありませんが、債務者1人が闇金相手にそれを宣言し、実行するのは難しいです。ほぼ出来ないと言った方が実情でしょう。

 

 

闇金業者は、違法を承知で営業していますので、債務者本人がヤミ金業者との交渉を行うと、本人のみならず家族や友人までが、闇金による執拗な嫌がらせに巻き込まれる可能性が大です。
なんの後ろ盾がないのに1人で交渉するのはオススメできません。

 

では、どうするれば良いのか。
闇金(裏金融)との交渉を成功させるために大事なことは、彼らが恐れる権威や後ろ盾を使うことです。

 

その最たるものは国家権力である警察ですが、彼らは『民事不介入』の原則で動いていますので、刑事事件でもない限り動きは鈍いものです。警察に行って、相談しても、被害届を出しても『被害の証拠』がないと出動は難しいのです。

 

では、安心・安全を約束してくれる後ろ盾とは、いったい誰のことか・・・
それは、時として警察をも動かせる闇金に特化した『弁護士・司法書士』なんですね。

 

弁護士・司法書士が警察と違うのは、闇金を検挙するのが目的ではないこと。
彼らは、依頼者(ヤミ金被害者)の要望に応え、その対価として報酬を受け取ることを生業にしています。

 

あなたの要望が、闇金業者の摘発でなく過酷な取り立て及び支払いの即時中止なら、彼らは十分に応えて
くれます。ヤミ被害が深刻になるに従って、ますます闇金問題に特化した弁護士・司法書士の存在感が増しています。

 

闇金被害に特化した弁護士・司法書士の特徴
◆ 依頼費用が他の案件よりも安価である(闇金業者1件あたり4〜5万円ほど)
◆ 解決までのスピードが早い(最短なら依頼当日に、ほとんど数日間で解決)
◆ 解決後のフォローもしてくれる(解決後にお礼参りなんてさせません)
◆ 解決にあたっては親族・職場にも秘密にしてくれる

 

ヤミ金問題の専門家に依頼すると、

早ければ依頼した当日に取立てと、元金・利息の支払いが停止され、場合によっては返済した元金も返ってくることも可能です。

 

ヤミ金解決の流れをざっとまとめてみると
◆ ヤミ金でお金を借りてしまったら、まずは解決するという強い意思を持つこと。
◆ そして、ヤミ金対応をしてくれる法律に詳しい専門家に相談し、解決策を決めること。
なによりも、ヤミ金問題の専門家に依頼すると、前述したように取立てと、返済が中止されます。
そうすれば、アナタのみならず家族も心の安らぎを取り戻すことができるようになります。

 

このようにヤミ金業者からの被害は強い意志を持って早めに対応すれば、解決することは難しくありませんので、被害を受けてしまったら、早く法律の専門家に相談して解決方法を探すことがとても大切です。
過去にも依頼し解決した経験がある方もOKです。

 

ただし、日本全国に弁護士、司法書士は沢山いますが、ヤミ金問題の経験と実績がある法務事務所は多くありません。残念ながら、ヤミ金と聞いただけで門前払いをする法律・法務事務所が多いのが実情です。

 

また、依頼する弁護士や司法書士に、特殊なヤミ金問題の実績と経験が豊富にあるかが重要です。
いずれにしても、ほとんどの法律・法務事務所は相談無料で、あなたのリスクはありませんから、
第一歩は無料相談から始めることがオススメです。

 

ヤミ金対策を行っている弁護士や司法書士をご存知ではない方のために、当方がネットや独自調査で選んだ日本で有数の法律事務所及び法務事務所を後述します。
※ できれば2〜3ヵ所の事務所に相談をされて、ご自身の条件、相性に合う先を選ぶのがベスト!

 

 

《相談窓口の比較》

依頼先

依頼の効果

解決スピード

費 用

司法書士 大いにある 早ければ即日、90%以上は数日以内 安価(1件あたり50.000円が相場。複数であれば割引もあり)
弁 護 士 大いにある 早ければ即日、90%以上は数日以内 司法書士よりも高い(1件あたり50.000円〜。受任費用も別途必要な所もあり)
警   察 傷害、脅迫など事件性が高ければ大きい 事件性がなければ遅い

傷害、脅迫など刑事事件性が高ければ早いが客観的な証拠が必要

無料
公共機関相談窓口 小さい 闇金との直接はせず、結局は弁護士、司法書士を紹介されるので解決が遅くなる 無料だが解決するためには紹介された弁護士や司法書士の費用がかかる。

 

《 参 考 》

各事務所に無料相談をされる場合には下記の事項を伝えれば話は早いです
◆ 借りている闇金の件数と、それぞれ闇金業者の氏名、電話番号
◆ それぞれ最初に借りた日付と金額
◆ 借入方法(配達、振込)
◆ 返済方法(集金、振込)
◆ 現在の借入残高
◆ 毎度、支払っている利息額と、その期間
◆ 取り立てを受けていれば、その手段と内容

以上ですが、あくまで分かる範囲でOKです。

闇金の実態その@

ヤミ金 被害

一口に闇金と言っても、昔と違って種類が増加し、なおかつ巧妙化しています。

ヤミ金とは、法律を守らずに貸金業を営む犯罪者を指す言葉です。

 

その特徴として高金利で貸付けすることにあります。
例をいえば、「トゴ」といわれる10日で1割の利息(実質年率1825%)、
「トサン」なら10日で3割(実質年率1095%)の高金利です。

 

返済日数の間隔や、貸付利率は債務者に応じて変わり固定されていません。

 

闇金(裏金融)の中には、車金融があります。
これは電柱や駐車場のフェンスなどに貼ってあるチラシで知っている人も多いと思いますが、契約に従い返済し続けている限り車を使用していてもOKです。

 

契約の手順は、申し込み時に免許証、車検証、実印、印鑑証明、住民票が必要となります。中には、車の保険やガソリン代の領収書を要求するところもあります。

 

これは、車が査定され担保に取られることを意味します。約定通りに返済されないと車が自動的に闇金業者のものになります。

 

 

リース形式の場合は、最初から車両売買の名目で融資され、手続料や査定費用が差引されます。
リース料の名目で元金と利息を返済しますが、返済ができなければ、車が回収されます。

 

他にもヤミ金には、デリバリー金融と呼ばれるものもあります。
電柱や壁、電話BOにチラシを張ったり、名刺サイズの広告で勧誘し、電話一本で指定する所までお金を届けてくれるものです。

 

 

闇金取り立て

裏金融は、正規の金融機関が融資しない多重債務者や自己破産者などにも融資しますので、ある意味便利かもしれませんが、ひとたび返済が遅れれば、その取り立ては半端ありません。

 

ここにヤミ金被害と言われる犯罪が顕在化することになります。
債務者に対する容赦ない取り立てにまつわる嫌がらせは自殺者や夜逃げを生み出しています。

 

ヤミ金業者は、複数台の携帯電話を使用し所在が分からないようにしていますから、警察も検挙が難しくなっています。手口も巧妙化して債務者本人に、携帯電話や銀行口座を新規に契約をさせ、それを返済金と相殺させるなど、より複雑化しています。

 

また、「偽装質屋」といって、あたかも質屋を営んでいるように見せかけ、年金受給者の高齢者を狙う悪質な手口も摘発されています。

 

 

こうしたヤミ金被害に対しては、個人での解決は難しいので、早く警察や弁護士、司法書士に相談するのがベストです。
ただ、警察には「民事不介入」の原則があり刑事事件でない限り根本的な解決は難しいです。弁護士や司法書士にはヤミ金被害に特化した人もいますので、その人に解決をお願いする方が問題ありません。

闇金の実態そのA

 

闇金取り立て

全国にある消費者センターの情報によれば、ヤミ金被害に対する相談件数に変化はないようですが、中味を見ると債務者の生活を破壊してしまう、かつての様な過酷な取り立てをする闇金業者が増えているようです。

 

大阪の老夫婦ら3人が心中した平成17年の事件は社会を震撼させました。
これは、闇金による過酷な取り立てが原因でしたが、これにより闇金問題が社会に認知され、警察により闇金業者が全国各地で摘発されたことにより沈静化しました。

 

しかし、実際は闇金業者がいなくなったわけではなく、形態を変えて厳しい取り立てをしないソフト闇金と呼ばれるヤミ金業者が多くなりました。

 

それに加え、平成24年ころから、過酷な取り立てを行う以前の闇金業者が再登場してきました。
ヤミ金業者の一般的な取り立て方法は、借金した被害者の家族、親戚そして職場にプレッシャーをかけて、嫌がらせをして代理返済をさせることです。

 

注文していない出前が大量に届いたり、要請をしていない救急車が来たりすることも。また、職場へ頻繁に督促電話をかけ職場に居ずらくなるように圧力をかけます。

 

ヤミ金被害者は、借金していることを体面上、家族にも秘密にしている場合が多いです。これによりヤミ金業者相手に孤軍奮闘しようとしますが、闇金業者はそこにつけ込んで本人の周囲にいる人に対して代理返済させることを目的に嫌がらせをするのです。

 

これらの恐怖・不安から逃れたくて、借金を返すために借金をする最悪の借金スパイラルに陥る人も少なくありません。
もう1つ、大問題なのが本人が意図しないにもかかわらず犯罪の片棒を担がされることもあります。

 

そのヤリ口は、
返済の遅れや融資の条件により、被害者名義で携帯電話の契約あるいは銀行口座の開設を強要し、その携帯電話および銀行通帳と印鑑を取り上げて、犯罪に利用するものです。

 

裏金融からの勧誘は、さも正規の金融会社であるかのように、あの手この手で誘ってきます。

 

・スマホ検索で見つけた。
・チラシが配布されてきた。
・メールで融資を持ちかけられた。

 

被害者の多くは、あとで借りた相手が闇金業者だったとわかりますが手遅れ。

 

 

ヤミ金かどうかを、見分ける方法ですが・・・、
都道府県から認可された金融会社ならば、貸金業登録番号を店頭や契約書類、広告に表示する義務がありますから当然チラシにも記載しなければなりません。
無ければヤミ金決定ですが闇金業者はニセの登録番号を記載します。

 

もっと言えば、認可を受けた貸金業者が裏でヤミ金をしていたりしますからヒドイいもんです。

 

分かり易い判別方法としては、
闇金業者は被害者と直接対応せず、携帯電話を利用して連絡を取り合い、お金のやり取りは銀行口座を
利用します。事務所が無かったり、固定電話もなければヤミ金確定です。

 

ここで、闇金業者と被害者の間で使われる闇金業者の携帯電話や銀行口座は、前述したように別のヤミ金被害者が強要されて開設されたものです。

◆ 闇金(裏金融)と戦う!熱きウイズユー法務事務所の 無料相談窓口
事務所の詳細とメールでの相談はコチラから

急ぎの相談は次の電話から
TEL: 0120-389-019
メール・電話いずれも365日24時間対応です
  
◆ 闇金(裏金融)解決を30年、Duel弁護士事務所の無料相談窓口
事務所の詳細とメールでの相談はコチラから

急ぎの相談はコチラから電話で
TEL: 0120-459-026
メール・電話いずれも365日24時間対応です
 

 

《サイトトップ》